「雪の降るまちを」鶴岡冬まつり ライトアップ情報 期間と場所は?!

今回で33回目となる『鶴岡冬まつり』は、日本の人々に愛されている名曲「雪の降る街を」のメロディー発祥の地といわれる鶴岡市で行われる冬のお祭りです。
期間中には、庄内の冬を代表する郷土料理「寒鱈汁」を味わう、日本海寒鱈まつりや、鶴岡音楽祭、大山新酒・酒蔵まつり、金峯山雪灯篭まつりなど、様々なイベントが開催されます。

そして、もう一つ、鶴岡冬まつり期間中に行われるのが、鶴岡公園に隣接する白亜の洋風建築物、旧西田川郡役所や鶴岡公園内の大宝館のライトアップ!
雪景色の中に浮かぶ幻想的な様子を、ぜひご覧ください。

ライトアップの期間や建物の場所を詳しくお伝えします。

鶴岡冬まつりライトアップの期間と場所は?

開催場所:旧西田川郡役所(致道博物館)、大宝館(鶴岡公園)、庄内藩校、致道館
開催期間:2018年10月1日(月)~2019年2月27日(水)(致道館は12/10以降予定)
点灯時間:16時30分~22時(12月31日は16時30分~翌7時)
駐車場: 鶴岡公園中央・東駐車場(無料)、鶴岡市役所駐車場(土日祝日無料開放)

ポイント3つの建物の場所は歩いて移動できる距離ですので、一か所に車を置いて全部を見て回ることもできますよ。

問い合わせ:鶴岡冬まつり実行委員会事務局(鶴岡市観光物産課) ㈹0235-25-2111
参照:   山形県鶴岡市観光連盟ホームページ

鶴岡冬まつりライトアップ写真

左から、「大寶館」、「旧西田川郡役所」、「藤沢周平記念館」の写真になります。
致道館のライトアップ写真が無かったので、藤沢周平記念館の夜の様子を載せてみます。
雪のない時期で、「雪の降る街」のイメージと少し違いますが、ライトアップの雰囲気は伝わるのではないでしょうか。

最後に

鶴岡冬まつりライトアップ…キラキラのイルミネーションのような派手さはありませんが、白亜の歴史ある建物が暗闇に浮かび上がる様子は、息を飲むほどの美しさです。
昼間の様子と、ライトアップされた様子を比べてみるのもいいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました