赤川花火大会 車の大渋滞を避ける方法 山形市方面から来るには何時出発が最適?

年々、訪れる人が増え続けている感のある、山形県鶴岡市の「赤川花火大会」。

もはや風物詩のようになった、当日の道路の大渋滞ですが、最も渋滞がひどいのが「月山道路」国道112号ではないでしょうか?

この記事では、山形市方面から月山道路を通って来る方に、渋滞を避けるための時間帯や、何時に山形市を出発すればよいのかをズバリお伝えしていますので、参考にしてください。

「月山道路」国道112号がもっとも渋滞する時間帯は?

月山第二トンネル付近での車の走行速度のデータによると、当日12時台~17時台は平均速度約20kmと渋滞のためノロノロ運転が続くことがわかります。(山形市方面から鶴岡市へ)

帰りの、鶴岡市から山形市方面へ向かう渋滞は、22時台~翌1時台までがもっともノロノロ運転が続く時間帯になります。
帰りの方が車が集中しやすいので、平均走行速度は10km台まで落ちてしまうことも…

渋滞は仕方ないと思う反面、避けられるならなるべく避けたいものですよね。
次に、大渋滞の時間帯を回避するために最適な出発時間をお伝えします。

「月山道路」国道112号 の大渋滞を回避できる出発時間は?

行きの渋滞を避けるためには、山形市を午前9:00までに出発するのが理想です。
最も渋滞が激しくなる12時台になる前に、月山第二トンネル付近を抜けるようにしたいところです。

さらに、帰りの渋滞を避けるためには、鶴岡市を午前1時頃に出発するとよいでしょう。
特に帰りは、一斉に車が動き出すため行きよりも車が集中し、よりひどい混雑になります。

ある程度渋滞が収まるのを待ってから出発した方が、スイスイとストレスなく車を走らせることができますよ。

そこで、次は渋滞を避けたい方が利用できる、鶴岡市内の施設を紹介します。

赤川花火大会当日おススメの休憩施設

櫛引温泉ゆ~Town

おススメ№1
櫛引温泉ゆ~Townは、シャトルバスの発着所になっている櫛引運動公園内にありますので、利用するのに非常に便利です。

行きは、混雑を避けて早めに到着したら、シャトルバスに乗るまで温泉施設内で休憩できますし、帰りはシャトルバスで駐車場に戻ったら、渋滞が収まるころまでまた施設の利用が可能です。

花火大会当日は営業時間を延長して、9:00~24:00と利用しやすくなっていますよ。

櫛引温泉ゆ~Townの公式サイトはこちら

こちらの記事も合わせてどうぞ。

まとめ

山形市方面から赤川花火大会へ行く際の、月山道路の大渋滞を少しでも避けるための出発時間についてお伝えいたしました。

行きの山形市内出発は、午前9:00まで、帰りの鶴岡市出発は、翌1時以降が最適です。

また、「急がば回れ」と言うように、急いでいる時ほど慎重になることが大事です。
運転は何より『安全第一』を心がけましょう!

こちらの記事も合わせてどうぞ。








コメント

タイトルとURLをコピーしました