羽黒山五重塔へのアクセスと駐車場は?入り口からの所要時間と石段の様子も紹介

山形県鶴岡市にある、国宝「羽黒山 五重塔」は、神域である杉並木の中にあります。

その杉並木には、国の天然記念物になっている「爺杉」もあり、雄大な自然美と、神域としての厳かな空気が合わさった、ヒーリングスポットになっています。

そんな羽黒山五重塔への、アクセスと駐車場について、わかりやすくお伝えいたします。

さらに、羽黒山への入り口である、「随神門(ずいしんもん)」から五重塔までの所要時間と、階段の様子も、写真と共に紹介していきます。

最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

羽黒山五重塔へのアクセスと駐車場情報

バスでのアクセス

庄内交通のバスが利用できます。
始発はエスモールバスセンターで、鶴岡駅を経由し羽黒山頂まで走っています。

五重塔へ行くには、「随神門」という停留所で降りると便利です。

「随神門」までは、鶴岡駅から約40分で、料金は840円となっています。

その後、山頂まで行き、往復ともバスを利用する場合は、鶴岡全域で1日乗り放題になる「つるおか1日乗り放題券」(2,000円)がお得です。

鶴岡市内から羽黒山頂までのバス時刻表はこちら

車でのアクセス

●山形自動車道鶴岡ICから鶴岡・羽黒線経由で約10km
●庄内あさひICから約15km
●庄内空港から約30km
となっています。

宿坊が立ち並ぶ通りなどは、道幅が狭くなっているところもたくさんあるので、運転する時は注意してくださいね。

駐車場

駐車場は、「いでは文化記念館」の向かい側にあります。
平日の午後に行った時は、駐車場はすいていました。

五重塔への入り口になる「随神門」へは、駐車場から少し戻るようになります。

スポンサーリンク

随神門から五重塔までの所要時間は?

羽黒山への入り口となる「随神門」から五重塔までは、徒歩で約10分くらいです。

入り口には、まず鳥居が建っています。

鳥居の奥に「随神門」があり、その先から石段が見えてきます。

まずは下りの階段が続きます。
段差は低いので、ゆっくり下っていく感じになっています。
帰りに昇る時は、一段とばしても大丈夫なくらいでした。

最初の石段を下りきると、赤い「神橋」があり、右手に「祓川」と「須賀の滝」が見えます。

この滝のサーっと流れる水音が、石段を歩く合間に聞こえてきて、とても清々しい気持ちになれるんです。
足取りも軽くなるように感じます。

途中、杉並木からのぞく青空や、紫陽花の花を見つつ進みます。

杉木立の中で、ひときわ大きな「爺杉」に立ち寄ります。

爺杉の辺りからは、上り階段です。

少し行くと、国宝「羽黒山五重塔」が見えました!
きらびやかさはありませんが、とても厳かな雰囲気を感じます。

羽黒山参道、“一の坂”上り口の杉並木の中にある。東北地方では最古の塔といわれ、平将門の創建と伝えられる。現在の塔は、約600年前に再建されたものといわれる。高さが29.0mの三間五層柿葺素木造で、昭和41年には国宝に指定された。近くには樹齢1000年、樹の周囲10mの巨杉“爺杉”がある。

参照:つるおか観光ナビ

五重塔前の道は、石を敷き詰めた趣のある小道でした。

雨の後で少し濡れていたので、一回ズルッとすべってしまいました。
歩きやすく、滑りにくい靴で行くことをおすすめします。

この先、山頂への石段が続きます。
五重塔から羽黒山頂までは約1時間ほどですので、一度行ってみてはいかがでしょうか。

私は、子どもの幼稚園の遠足で、親子一緒に登ったことがあります。
休み休み行くと、幼稚園児でも大丈夫でしたよ。
親の方は少しへばってしまいましたが…

さいごに

羽黒山五重塔は、歴史を感じる自然の中の観光スポットとなっています。

例年、夏の時期にはライトアップが行われ、とても幻想的な姿を見せてくれるのですが、残念ながら2020年は中止となってしまいました。

以前に行われたライトアップの様子を載せておきます。
またこのような姿を見ることができるように、はやく世の中が落ち着くといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました